どのような理由がある?会社の分社化について

どのような理由がある?会社の分社化について

会社を経営していると、分社化が必要になることもあるでしょう。どのような理由で分社化しているのでしょうか

分社する時は費用や手続きが必要になるため、理由や手続き内容を詳しく知っておいた方がいいでしょう。

そこで、会社の分社化についてご説明します。また、分社化のメリットや注意点もご説明しますので、参考にしてください。

目次

1.会社を分社化する理由とは?

会社を分社化する理由とは?
会社を分社化する理由として「事業承継」「新設分割や吸収分割」「税金対策」などがあります。

事業承継では、後継者が会社ごと承継することになるでしょう。その時に、継ぎやすい状態に整えてから承継することを目的にしています。借金がある場合、高い株を持っていて後継者が購入できない時などに、分社化することで解決できる可能性があるのです

分社化する時に多い理由として、業務内容を整理するために新設分割や吸収分割があるでしょう。1つの会社だけでは処理しきれない時に新設分割をして効率よく業務を行います。また、会社の再生をする時には、吸収分割をするのです。

新設分割と吸収分割のどちらも、分社化の特徴を活かして経営問題を解決できます。

新設分割では新たな会社を設立しますが、事業内容や権利を承継できるのです。吸収分割では他の会社に経営権を譲ることになっても、事業内容や権利の一部は承継できます。

このような分社化によって、社内整理や会社再生ができるのです。会社が大きくなった時に、リスク分散のために分社化することもあります。分社化してそれぞれに分ければ、資産管理もしやすくなるのです。

各社に新しく社長を就任させれば、経験を積ませることもできるでしょう。業務の効率が上がり、会社の利益にも繋がります。税金対策も分社化する理由の一つです。

例えば、軽減税率の活用をすることができます。新設された会社の所得が800万円以下の場合は、法人税率が低くなることを利用するのです。また、2年間は消費税が免税され、交際費も非課税にできます。よって、会社の所得が多くなった時は、分社化することで節税対策になるでしょう。

2.分社化するメリットと注意点

分社化するメリットと注意点
分社化するメリットとは、会社が大きくなるのを防げることです。会社が肥大し過ぎると、税金を多く支払うことになります。また、事業内容が増えてくると業務が非効率になることもあるでしょう。

雇っている社員も増えていき、非生産的な働き方に繋がることもあるのです。そこで、分社化すれば責任や成果などを明確にできます。それぞれ別の会社が事業の管理をしていくので、効率的になり利益を得やすくなるのです。

また、倒産のリスクも減らせます。会社が1つしかなく、経営状況が悪いと全ての業務に影響してくるでしょう。しかし、分社化したところで利益がでていれば、それを補えるかもしれません。

分社化させれば、成績の良い事業だけを残して整理することもできます。このように、倒産リスクを減らして社内整理がしやすくなるのは、メリットになるでしょう

分社化の注意点は、管理する手間が増えることです。それぞれに社長を就任させても、さらに上で管理する必要があります。分社した会社数が多いと、管理が大変になることもあるのです。

また、税理士などの手数料や人件費が増えることもあります。分社化して不動産が増えた時は、法人税や固定資産税なども増えることがあるでしょう。

それぞれの不動産費や維持費、光熱費などが掛かってしまうのも注意点です。分社化は将来のことを見据えて行うことがあります。しかし、必ず分社した子会社が成功するとは限りません。分社化する時や維持する経費が多過ぎると、分社化したことで損することもあるのです。

3.分社化の手続き方法とは?

分社化の手続き方法とは?
分社化する時は、どのような方法にするのかを決めてから行いましょう。新設分割や吸収分割などの方法を決めていくのです。新設分割として分社化する時には、既存の会社と分社する会社が「分割計画書」を作らなければなりません

分割計画書は事前に開示して、株主総会や取締役会議を行います。株主総会で特別決議を行う必要もあるのです。また、反対している株主に対しては、株を買い取るなどで対応していきます。

分割計画書を提出して承認が得られれば、分社化でできる会社の登記変更や登記作成をするのです。吸収分割でも流れは同じになりますが、各社の取締役会議や株主総会をしっかり行わないといけません。

4.まとめ

分社化する理由として、業務内容の分割や事業承継、税金対策などがあります。業務内容で分社化すれば、効率が良くなって利益に繋がる可能性は高いでしょう。

新設会社には税金で免除もあるので、その特徴を活かして会社の利益を上げることもできます。よって、分社化する理由やメリット、注意点を知っておくといいのです。それらを知っていれば、分社化を成功させることができるでしょう。